トップページ > 5年 | 6年 | 国語 | 物語文 > 合宿研全体会教材解釈

合宿研全体会教材解釈

以前の研究会の企画として、全体会の中で普段の学習会で取り組んでいるような教材解釈を、実際に研究会に参加している人たちの前でやってみようということに取り組みました。教材は『ベロ出しチョンマ』(齋藤隆介作)研究会の中での取り組みということで、普段以上に下調べをしっかり取り組んだこだわりの教材解釈といえるものになっていたと思います。教材解釈に取り組んだメンバー同士の、やり取りや持ってきた意見をしっかりと出すぞという意識がぶつかり合う、とても白熱した教材解釈でした。

kaishakuberochon-gasshuku

このページのトップへ